フィクションでない現実のキャリアデザイン

テレビや映画で登場するドラマは、気晴らしとして楽しむことができます。
また時には、そのドラマから現実でも役立つ何らかのヒントが掴める可能性があります。
ビジネスマンにとっては、将来の仕事の成り行きに計画性を持つことは重要です。
状況に振り回され、妥協して仕事を選ぶよりは、自ら計画性を持って仕事選びをコントロールした方が有意義です。

ドラマで活躍している人物の中には、自ら道を切り開き大きな成功を手にするキャラクターがいます。
しかし、現実問題では、必ずしもシナリオ通りにうまくことが運ぶとは限らない点について、注意が必要です。
ドラマであれば、シナリオに従ってキャラクターの都合の良いように、自在に結果が出てきます。
しかし現実世界で仕事を選んでみれば、必ずしも思い通りになるという保証はありません。
選ぶべきキャリアのデザインを失敗しないためには、現実に即した綿密な計画を立てることが重要です。

また、状況に合わせて随時計画を修正することも大切な要素です。
たとえ十分に準備して立てたプランでも、それが必ず成功するとは限りません。
しかし、状況に合わせて適度にキャリアのデザインを修正していけば、できるだけ理想に近い形での仕事選びが可能です。
そのためには、仕事のキャリアを常に意識し、準備を行う事が大切です。
こうして、仕事選びに力を入れることを怠らないビジネスマンは、フィクションでない現実で成功が手に入れられます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です