キャリアデザインで年収アップを実現

会社員であれば、誰でも年収アップを望むでしょう。
年収アップは、仕事に対するいい評価を受けたという精神的な満足感を得ることに繋がりますし、生活が楽になるという経済的な面も大きな理由になるでしょう。

年収を上げる方法は主に三つあります。
年収のベースになるものは年齢とベースアップと能力の三つです。
年齢に関するものとして、今でも完全には無くなっていないと言われている年齢給があります。
これは年齢や勤続年数によって自動的に年収が上がるものです。
ベースアップは、物価変動や会社の成長に伴って、全員の給与計算テーブルが一斉に上昇するものです。
そしてもう一つが能力給です。成果主義という言葉がその内容をよく表していますが、その人の仕事の能力や成果が大きければ年収が上がる仕組みです。
勤続年数は自動的ですし、ベースアップはある意味他力本願です。年収を上げたいと思った時に、自分でできることは自分の能力を高めることに行きつくでしょう。

その切り札となるのがキャリアデザインです。
キャリアは人生における仕事の経歴を指し、デザインは設計図を書くことです。
つまり、自分の仕事に関する設計図を作ることで、完成予想図である仕事の最終目標だけでなく、そこに至るまでの過程を詳しく描き計画することなのです。
これがしっかりすることで、自分が今後どのように過ごしていけばいいかがはっきりし、それに従っていくことで年収アップにつなげられるでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です