キャリアデザインをサポートする専門家

どういうキャリアを積みたいかをデザインすることは、働く人にとって非常に大切なことです。
設計した通りのキャリアを積めるとは限らないために、柔軟に軌道修正を行いながら自分の目指す生き方を追求する心構えが必要です。
日本社会には、年々多様な生き方が生まれています。
そのため、標準な生き方をするべきという昔の固定観念を押し付けられると生きづらいと感じる人が増えてきています。

個人の生き方の大きな変化の象徴が、働き方の多様化です。
一生同じ会社に勤め続けることは素晴らしいことですが、ある期間働いていた業種とは全然違う業種で新たに働くことで生きがいを見つける人もいます。
結婚して子供を産んで退職し、専業主婦になってもう二度とやりがいのある仕事をするチャンスが与えられないといった昔の定番のスタイルに不満を持ち、子供ができても育児休暇をとった後で同じ会社で働くことを望む女性も増えてきています。
また、終身雇用制を導入しない企業も出てきて、派遣や契約社員を多く採用するなど、いろいろな雇用形態が存在しています。

そのため、働き方や生き方などの社会のしくみの変化をしっかりと把握し、自立した生き方を望んでいる人たちを支援できる専門家が必要になってきています。
学校などで専門の知識やスキルをしっかり身につけることで、NPOや病院や自治体や企業など様々な場所で、他者のキャリアデザインのサポートをすることができます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です